麻布お薦めのレンガ。玉川窯業カルセラ。

超軽量、高耐久の外壁セラミック

美濃焼の里、多治見市にある陶磁器タイル製造メーカーの玉川窯業が開発した、超軽量、セラミック焼レンガ。外壁の改修に、世の中で1番長持ちする素材でしょう。1250℃の高温で焼く、そのタイルは、ベース地が独立泡なので吸水性がほとんど無く、比重が約0.85ですので、『水』に浮くほど軽く、断熱性があるタイルです。吸水性がほとんどありませんので、寒冷地でも使用ができ、凍害は全くありません(凍害保証は10年)。色も焼きつけているので、厄介な紫外線でも色落ちしません(変退色10年保証)。

1度貼れば軽く50年は持ちますので、生涯で外壁塗装とは無縁となります。それだけ長持ちする外壁材は他ではありません。『本物のタイルを貼る…』。これほどのリノベーション…大胆な変身で古くなった家を再生する手段はございません。1度貼ったら、後はメンテナンスフリー!!1度、ご検討してみては…。


2009年11月4日、池田のブログより

麻布代表_社長池田【カルセラくんの時代だな】
小牧市のH様邸、やっぱりカルセラはいいな。製造元の多治見市、玉川窯業様も、我々業者には非常に協力的でいい会社だ。1250度焼のセラミック軽量タイルは、比重0.85の水に浮く超軽量で、耐久性にも優れ、水を吸わないので、寒冷地でも使え、断熱効果もある。外壁材をはがさず、そのまま貼れるので、ゴミも出ず、Co2発生阻止にも貢献できる。なんと言っても、貼り終わった時の喜びは、塗装し終わった時より感動もんだ。

ペイントより、お金をかけても、お客様は喜ばれる。次なる塗り替えコストもかからないし、初期投資はかかるが、実にいい。これはいい。麻太郎の出身、東濃の美濃焼1,300年の歴史から生まれた、レンガ調のセラミックタイルだ。生涯、汚れんとは言えないが、多少は汚れても、それが、風合いよく、それなりに重みが出るのだから、気にならないかも…。長持ちさは塗料より絶対だ。超高級塗料薦めるより、こっちの方がお客様の為になるかもな…。ちょっと真剣に考えよっと!

外壁セラミックカルセラについて

麻布パック-価格表
ページのTOPへ戻る
2009年11月4日、池田のブログより

どんな最高級塗料でも、光触媒は別として『15年もつ塗料』はありません。残念ですが私、池田は断言します。現時点ではではある訳ない…。全ての塗料は『顔料』で色づけをし、『樹脂』をのり代わりに、外壁に塗るのです、ある訳ない…。車両のように『保護膜クリヤー』を5層も6層も塗り重ねれば、また別の話ですが…。

外壁塗料は、その塗料を塗るだけであって、一般的にはクリヤー層を更に上から吹き付けたりする習慣や常識はありません。また、外壁をどんなに立派にした所で『付帯部』の劣化は避けられません。シーリングもね…。世の皆さんが、『あ~これは10年もつのだわ』なんて完全に信じ込むようなトークをして外壁塗装を施せば、その業者様は1時的には急成長しても、11年、12年目から、一気に衰退に入り、潰れるでしょう…。まぁ、そこはまた会社名を変えて、同じ事をしていきますけどね…。

これが、この業界に入った頃からの世の常、現実です。ましてや、我々みたいな完全地域密着型のところは、絶対にそんな訳にいきませんので、それを未然に防ぐため、散々こうして述べさせて頂いているのです。

そこで、カルセラです。カルセラを貼れば、なんといってもシーリングとおさらば。あの『もの自体』も、『焼き物』ですので、絶対に50年もつ!自身があります。本当に1度真剣にお考えになった方が良いと思います…。高い価値を大切に…。いいものを買っておけば間違いなし。


百聞は一見にしかず。施工事例をご覧ください。

カルセラ-施工事例1

カルセラ-施工事例色々



カルセラ-施工事例2



カルセラ-施工事例3



カルセラ-施工事例4




カルセラなら麻布にお任せください。
ちょっと高級な塗料で外壁塗装をしたと思って、それ相応の代金は覚悟する…。残りは『麻布の塗装ローン』を利用して、月々1万円の均等払い(金利・手数料は無し)。それで『50年持つ外壁』に我が家がなったら、本当にそれは何よりも『お得』ではないでしょうか。

ページのTOPへ戻る

カルセラで施工をお考えの方は麻布にお任せください。

愛知の外壁塗装・屋根塗装は有限会社麻布|お気軽にお問い合わせ下さい。


愛知の外壁塗装は有限会社麻布|お気軽にお問い合わせ下さい。