麻布お薦めの塗料。エスケー化研、水性セラミシリコン。

編池田が語る~シリコン~

麻布代表_社長池田近頃は特殊塗料や高級塗料が随分と増えてきて、何かしら『シリコン塗料』は、あまり良くないというイメージがあるみたいですが、なにがなにが、シリコンは良いですよ。本来、外壁に塗る塗料なんてのは、4、5年ぐらいから急速な劣化が始まって、そんなに長持ちするものではなかったのです。それをシリコン塗料が世に出てから、対応年数もメーカー発表で10年を超えてきた…。今から10年ほど前かな…。その時は、凄い事だったのですから。セラミックを配合したのも、シリコンが初めてじゃないかな、親水性という塗膜の表面効果を求めてそうした訳だけど、このシリコンってもの『低汚染』って言ったところで、バンバンに『水アカ』付くし、汚染するし、あまりメーカー発表のカタログ等を信用する訳にはいきません。『シリコン樹脂のクリヤー』なら私は信用していますがね、着色材のシリコンは今や『チョーキングが早い』、『色落ちが早い』、『低汚染らしからぬ』と3拍子揃っていると思っております。

問題は『シリコン塗料』を塗る前に、『下塗り』と『中塗り』をどうするか、または『シリコン塗料』を塗ったあと、クリヤーかコーティング材で保護してあげるかを必死になった方が早いですね。だって、私が塗料作る訳にいきませんもの。だから、うちでは『ウレタン』や『アクリル』は、よっぽどのお施主様の指示がない限り扱いません。もう使用禁止にしちゃいました。

フッ素1回塗りより、ペンキ10回の塗膜の方が、めっちゃいいのは知ってますが、とにかく昨今、あい見積りとなると、決まってほとんどの方がシリコンですもの、うちもおのずと『シリコン』を見積りますよね。シリコンでも実に何通りかあるのですが、うちでは『シリコン』でお塗りする以上、一番シリコン樹脂の含有量の高いものを使用しています。それが基準です。シリコン樹脂20%を切る『シリコン塗料』もありますが、確かに『シリコン塗料』には違いありません。麻布では『プチ・シリコン』と呼んでおります。

その基準で使用しているもの、これがエスケー化研の『水性セラミシリコン』です。シリコン樹脂含有率は確か『45~65%』含まれ、シリコン塗料の中では最も多い方です。『シリコン』を使う場合、素地に応じた下塗り材・中塗り材の塗料の『決定』と上塗りシリコン塗料の『希釈率』と仕上がり後、クリヤーでコーティングするかしないかを考えること…、それが一番大切と思ってやっております。あと、塗り回数ですね。低汚染性でも汚れは付く、必ず付く…。だいたい、そんなもんですよ。ならば、塗り回数を増やしてあげるべきです。しかも『無希釈』でね、要は『塗膜の規定量以上のもの』を造膜してあげるのです。

これが、一番お客様が喜び、自分自身も安心がかえる…やっと10年持つ。そういう事です。まぁ、麻布が『シリコン』で、よそ様とあい見積もりになっても、条件が違いますから、はなから合わない。これも、シリコンを塗ってその後どうなるか…を知っているからこそです。どんなけ、実際に見てきたか。随分、色々な実験もしましたが、万能優秀なシリコンくんは他に神経を尖らした方が良いですよ。

汚れるものは、汚れる。色飛びするものは、色が飛ぶ。中々、10年は持ちません。ですから『10年ごとに塗り替える』という大前提を決めてしまうことです。そうすれば、リーズナブルで一番お値打ちではないでしょうか。『珪素分子と酸素分子の強力な結合で~それをシロキサン結合と言い~』など色々言われますが、だからどうなんだ!!と言われたら、10年に1度塗り替えが必要な塗料です、とお答えしております。一般的に一番需要がある塗料です。


設定価格
工程数 5~6 麻布単価 3,800円/㎡
下塗り1回目 2液エポキシ系プライマー
中塗り1回目 微弾性フィーラー中塗り
中塗り2回目 微弾性フィーラー中塗り
上塗り1回目 セラミックシリコン上塗り
上塗り2回目 セラミックシリコン上塗り


池田流-シリコン塗装で大事な事

その1…現場調査が一番大事
そもそも、見積りを出す前に、現場調査するはずです。その時に『どこが汚れているのか』、『どこに藻がついているのか』、『どこが色あせていたか』の3点をチェックすること。そして下塗り時に対策を!

その2…カタログを鵜呑みにするな
『親水性』だ『低汚染』だ『非・汚染』だの信じれません。我々職人は、塗料は作れません。アステック本家のマーク社長は職人の時にアステック塗料を作ったらしいけど、そんなことは日本ではね~。とにかく既存メーカーのシリコンを実際に塗って知るべし。

その3…シリコン樹脂No.1を選べ
今ある『シリコン塗料』の中から、シリコン含有率が1番高いものを選べ。『牛乳塗料』なるものがあるとする。パックに入ったコンビニの牛乳も牛乳塗料、バケツにいっぱい水をくんで、コップに一杯だけの牛乳をそこに(バケツ)にいれる…これも牛乳塗料。こんなもんですよ。『ピュア・シリコン』に近いものを選択する。

その4…下塗りと中塗りが大事
旧塗膜の劣化具合に応じて、優れた下塗りと中塗りを塗り重ねよ。シーラがいらないサフェンサーも必ずシーラを入れる。下塗りは『エポキシ系』が良い。『その1』で気になった所は塗り回数を増やす。

その5…無希釈で塗る
希釈をするな。水性系のシリコンなら、新品の時にその成分に『清水』が5~10%すでに含有してある。

その6…塗り重ねが大事。とにかく重ねろ
上塗り2回以上。ひさしのある、ない。出窓のある、ない。全てを思い出して劣化していた所は3回塗り、4回塗りを。

その7…仕上げにクリヤーを塗る
予算のこともあるが、仕上げに汚れ防止でクリヤーを。クリヤー層がシリコン塗膜を守ってくれる。

総評
シリコン塗装のコツは『汚れやすい』と逆にとらえて、下塗りや中塗りで工夫する。建物の作りや構造によって『ここは汚れやすい』とかを、しっかりと把握して、その部位のみ工程や回数を変えてあげること。

要は塗り方が大事。これは、私の過去に塗った(見習工も時から)現場を見ての意味のある意見。最長で12年までの物件を最低1年に1回は、劣化具合を見て回っている。経験上の実践論だ。10年は持たせてあげないと、お客様がかわいそうだ。

ページのTOPへ戻る

水性セラミシリコンでの塗装なら麻布に任せ下さい。

愛知の外壁塗装・屋根塗装は有限会社麻布|お気軽にお問い合わせ下さい。


愛知の外壁塗装は有限会社麻布|お気軽にお問い合わせ下さい。